毎日ビットコイン100日目【2020年7月3日】

デイリーアナリシス

やっと100日目達成!

皆さんこんにちはジェンです。

このシリーズは昨年末から始めてみましたがなかなか毎日書くのは難しくて今となってやっと100日目を達成する事ができました。

毎日相場に向き合う中で気付く事が多く、それを文字として発信するのはまた違った難しさだなと感じました。

ちゃんと記事を書いている時の方が安定したトレードができていると感じる事が多く、狼狽やイナゴするときはそういう方針性がない時なんだなぁと感じております。

おそらく100日目を持ってこのシリーズは終了すると思いますが読んでいただきありがとうございました。

理由としては2点挙げられます。

1.暗号資産に対する世間の風当たり

ビットコインブームが起きてからもう数年が経ちました。

ほとんどのトレーダーは姿を消し、暗号資産をやっていることすら悪く思われる時代になってしまいました。

ほとんどのアルトコインは大暴落したままボラリティが下がり死の淵を彷徨っています。

また税制面も雑所得のままでほとんど改善される見込みがありません。

国としても暗号資産は規制が強く触って欲しくない代物なんでしょうね。

主戦場としているBitFlyerのFXは新規の登録を拒否し、残ったトレーダーたちで殴り合いをしているという状況になっています。

0サムゲームのため新規がこないとなるとパイの奪い合いとなり、どんどん人口が減っていく事が予想されます。

そのため分析記事を出してもあまり多くの方の役に立てないと思い、100日を区切りとして辞めようと考えました。

2.株やETF他にも優良な投資商品はある

最近はコロナショックからのコロナバブルという事で資金を証券会社に移し、株やETFのトレードをしていました。

深夜帯のプレッシャーがないことや税制面で優遇されていることから気持ちよくトレードする事ができます。

やはり税金というのは非常に重たく、勝っても勝ち分をいくらか持っていかれてしまうので対策は必要と思われます。

参加人口も多く、0サムゲームではないので長期で見れば利益になりやすいというのもいい事です。

しかしビットコインは続けたい

暗号資産の技術は非常に革命的で今までの「通貨」の概念を打ち破る新しい「資産」になりうると思うからです。

技術が革新的すぎてまだ時代がついてきていないと感じております。

また、ファンダメンタル要素もありますがテクニカル要素がかなり効くものなのでテクニカル分析の練習にはもってこいだと思うからです。

ビットコイン日足

コロナショックの後に大きくアークに沿って上昇し、今はトレンドラインで頭打ちをくらっています。

日足の移動平均線もゴールデンクロスをしているのでかなり期待が持てる相場となっております。

後述するトライアングルブレイクが当分の目標になっていくと思われます。

ビットコイン4時間足

4時間足レベルでトライアングルを形成しています。

まだまだ終点は先ですが、上昇トレンドの継続パターンと考えるのならば上抜けに期待したいところです。

ダウ連動を考えるとやはり感染症が落ち着く頃になりそうなのでまだグダグダ相場は続きそうです。

まとめ

夏場はまだまだボラリティ低めになりそうですが、必ずハイボラリティの相場はやってきます。

その時にしっかりポジションを持てるように資金管理をしておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました